加持養鰻場は高知県四万十市にあり、日本最後の清流といわれる四万十川で獲fれたシラス(稚魚)を1年以上の歳月をかけゆったりと育てました。池の水は四万十川の支流深木川の状流水(地下水)を使用して養殖しています。  
 
  「四万十川優化イオンうなぎ」は活性炭を施工した養殖池で育成し、イオン装置を活用して加工された商品です。活性炭を施工した養殖池で稚魚(シラス)から成魚まで大切に育てています。
飼育は配合飼料をイオン処理し、生餌にはイオン水を加えて給餌しています。
うなぎを自然に近い環境の養魚池で育て、90度のイオン水で蒸し焼きし、最後に炭火焼き加工をしています。
そのため、「四万十川優化イオンうなぎ」は自然の風味があり、固めの皮と引き締まった厚い身をもち、天然のうなぎと比べて差異のないものとなっているのです。
また、分析試験場での残留検査もクリアしました。

 
  タレは国産丸大豆醤油を使用、また鰻の骨でタレをたき上げて蒲焼にしました。
もちらん化学調味料・着色料は一切使用しておりません。